合併・買収(M&A)、事業・組織再編

合併・株式交換・株式移転・会社分割等の組織再編や買収・提携など、M&Aの戦略的位置付けは、事業の拡大、再構築、事業承継等のニーズ増大を受け、近年ますます高まっています。

スキーム等の戦略立案段階からデューデリジェンス(買収対象企業の法的調査、財務調査)、契約交渉、統合実務等、M&Aの各フェーズにおける支援を行います。さらに、敵対的買収対策、M&A関連の紛争案件についても支援します。

とりわけ、M&Aや組織再編、経営統合などの取引立案に際し、最適な意思決定を行い、かつそれら取引の経済合理性について、経営者が株主などの利害関係者に対し説明責任を果たすための根拠とするために、対象企業の法務及び財務に係る実態調査を行うことは、非常に重要なプロセスとなります。

当事務所は、依頼企業の個々のニーズや取り組むスキームに応じて、目的に適合した効果的なデューデリジェンスにより、クライアントの最適な意思決定を支援します。